健康食品を活用して認知症を予防しましょう

笑顔のシニア女性

物忘れを改善しよう

歩く夫妻

認知症になると自分が大変な思いをするだけでなく家族にも大きな迷惑をかけてしまいます。最近では認知症予防に効果的なサプリも沢山あるため今後は若い時から利用者が増えると予測されます。認知症予防サプリの特徴は、オメガ3脂肪酸や米ぬか由来のフェルラ酸などが配合されています。

詳細へ

脳に良いことを実践

栄養補助食品

認知症は高齢化社会においてますます増加していくことが予想されます。根本的な治療はまだなく予防することが大事です。予防には脂質や糖を控え、魚や大豆など脳の構成物質に関わる食べ物を積極的に摂りましょう。また適度な有酸素運動をし、読み書き計算や人との会話で脳を鍛えることも効果的です。

詳細へ

高齢化社会を迎えて

男性と女性

一番の理想は予防をしっかりと行い、認知症にならないことです。それでも遺伝や老化によって、今では誰でもなり得る可能性があります。認知症の予防や治療は、患者一人では出来ません。そこには常に、家族や周りの支えがあります。このことをしっかりと認識して、社会全体で認知症患者を支えていくことが必要だと思います。

詳細へ

サプリメントで発症防止

夫婦

原因や症状

認知症になると、記憶力や判断力が低下していきます。その結果、家族の顔が分からなくなったり、状況をうまく理解できなくなったりして、被害妄想に陥ったり徘徊したりするようになるのです。認知症の原因は、脳細胞が破壊されていくことにあります。逆に言えば、脳細胞の健康状態を保っていれば、予防が可能になるということです。そして現在では、その効果のあるサプリメントが販売されるようになっています。具体的には、DHAやレシチンなどで作られたサプリメントです。認知症は、高齢になるほど発症しやすくなりますし、高齢者は年々増えてきています。そのためこれらのサプリメントで予防する人もまた、増えていくことが予想されています。

DHAとレシチンの効果

なぜDHAやレシチンのサプリメントを飲むことで、認知症を予防できるのかというと、これらに脳細胞の栄養状態を良くする効果があるからです。まずDHAを摂取すると、脳への血流が良くなります。血液には脳細胞の栄養分となる糖質などが含まれているので、脳に血液が多く流れてくれば、脳細胞はそれだけ栄養補給をもらい受けることができるのです。そしてレシチンを摂取すると、脳細胞を包んでいる細胞膜が柔らかくなっていきます。すると脳細胞は、栄養分をより効率良く吸収することができるようになります。こういった効果があるため、これらのサプリメントは認知症の予防のために飲まれているのです。頭の回転を速くする効果もあることから、若いうちから飲む人も多くいます。